2018年02月28日

転職で恐怖のリファレンスチェック!

 以前の転職講座の中では触れていなかったですが、中途採用の際に一部の企業ではリファレンスチェックなるプロセスがあります。一口にリファレンスチェックと言ってもやり方は企業によって様々なのですが、一番困るのは「あなたと一緒に働いたことがある人を2〜3人紹介してください。その人に電話であなたの経歴に嘘がないか確認させて頂きます」というもの(実際にはこんな直接的な言い方はしませんが)。

 これはコンサルなどの転職が当たり前の業界にいれば、それほど難しいことではありません。しかし、内資でずっと一社に勤務されてきた方にはハードルが高いのではないでしょうか。今回はこのリファレンスチェックについて解説と、いざ必要となった時に困らないためにどうすればいいかを述べていきたいと思います。

リファレンスチェックの基礎知識

 リファレンスチェックのリファレンスとは企業に提出した履歴書や職務経歴書のことを指します。リファレンスチェックとは、履歴書や職務経歴書の内容に嘘が無いかをチェックするという意味合いになります。ただし、学歴や職歴であれば卒業証明書や退職証明書などで確認できますので、人柄や素行(犯罪など大きな問題を起こしていないか)などを確認する意味合いの方が実際には強いかと思います。

 通常、リファレンスチェックは内定が出ることがほぼ確定した後で、念のために最後のチェック的な意味合いで行われることが多いです。最初にチェックしても面接で落とすなら、チェックした意味がないですからね。ですので、基本的には履歴書や職務経歴書の内容に深刻な虚偽が無く、犯罪や懲戒などの問題もなければ、落とされることは基本的にないと思って構いません。

 リファレンスチェックの方法は企業により様々です。例えば冒頭でも書きましたが「あなたと一緒に働いたことがある人を2〜3人紹介してください」と転職予定先の企業の人事から確認されるパターン。あるいは、そういった知人への直接の確認は無しで、企業が事前に応募者の同意を取ったうえで第三者機関に依頼して調査する場合もあります(この場合は犯罪歴や信用履歴などがメインかと思います)。

リファレンスチェックが多いのはどういう企業?

 もともとリファレンスチェックは欧米での慣習なので、外資系が中心になるかと思います。外資系でも一律であるわけではなく、無い所も多いですし、管理職以上の採用に限定しているところも多いです。内資系でもあるところはあります。私はメガバンクのマネージャーポジションの中途採用に応募したことがあるのですが、そこでも求められました(その前に辞退しましたが)。

紹介形式は精神的にきつい

 さて、心労の種になるのは紹介形式のリファレンスチェックでしょう。外資系、特にコンサル業界のように頻繁に人が出入りするがゆえに、現職以外で過去に働いたことのある知人も多く、かつ現職の同僚も将来の転職の可能性を考えている人たちが多いといった場合には、紹介に困ることはあまりないかと思います。

 しかし、内資系の企業で、入社したら転職者が殆どない企業だと困ってしまう方が多いと思います。まず、転職者が周りに殆どいないので、転職経験の無い方の場合、過去に一緒に働いたことがある人となると現職の同僚から選ばなければなりません。しかし、そういった職場では会社を去る人には裏切者扱いで冷たいことも多いですし、将来転職を考えている人も少ないので「いつか自分が転職する時のために恩を売っておこう」という思考にもなりにくいのです。従って、リファレンスチェックのための紹介者を複数確保するのは、かなりハードルが高いのが事実です。

いざリファレンスチェックが必要な時に困らないために

 さて、リファレンスチェックの時に実感するのですが、内資の職場の同僚って結局は、会社があっての付き合いだなということ。もちろん全員がそうだとは言いませんが、リファレンスチェックもお願いできないのって会社を越えた人間関係と言えるのでしょうか?

 そういう意味で、リファレンスチェックの時にどれだけ紹介者を用意できるかというのは、会社を越えた人間関係がどれだけあるかというバロメータのようなものだと思っています。内資の会社に1社でずっと勤めていると、実は会社を越えた人間関係(真の友人知人)って思ったより少なくなりがちなんじゃないかなと。

 リファレンスチェックが必要になった時に紹介者を一朝一夕で作れるものではありません。普段からそういう時に紹介できる人をきちんと用意しておくこと。そのためには会社を越えた付き合いを増やしていくことが大事ではないでしょうか。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。