2018年02月05日

隣の芝生は青く見える!?事業会社への幻想(2)

 ども勉三です。前回は、コンサル一筋で来られた方が知らない事業会社の大変なところについて紹介しました。今回はその続きですが、少し趣向を変えてコンサル一筋で来られた方が事業会社に対して抱いている間違った幻想を挙げていきたいと思います。前回同様に事業会社でも内資の大手企業を想定して書いていますので、その辺はご容赦を。

コンサル一筋の人が抱く事業会社への幻想

事業会社でも全ての活動に関われる訳ではない

 コンサル一筋の方が事業会社への転職理由として一番多く挙げるのが「戦略だけでなく実行まで携わりたいから」「コンサルとしてではなく自社の事業として関わりたいから」といったものです。気持ちは分からなくはありません。ITコンサルなどならまた別なのかもしれませんが、特に戦略系に関しては現場のことなんて何も知らずに企業経営を語ってるわけですからね。常駐型ならまだしも、純粋な戦略プロジェクトは本当にホワイトボードとPowerPointの上でこねくり回しているだけですから。

 しかしながら、事業会社に勤めれば現場のことが分かるという前提は正しいのでしょうか? 答えは Yes でもあり No でもあります。正確に答えるなら「自分の部署の事しか分からない」でしょう。もちろんベンチャーなどでは全てやるのかもしれませんが、大企業では研究開発、生産、営業、経理、経営企画などなど部署が分かれています。勉三はメーカーの研究職でしたが、仕事で自社製品を触ったことなんてありませんよ。買ってくださるお客さんとも話をしたことはありません。営業や工場のことなんて分かりません。

事業会社で経営戦略に関われるのはごく一握り

 コンサルではなく事業会社での経営戦略の仕事に憧れている人もいるかと思いますが、戦略系コンサルでやっているような戦略立案に関われるのは会社の中でごく一握りです。また、事業会社はヒエラルキーが強いので、経営企画部だとか経営戦略部といった名前がついている部署でも、戦略系コンサルがやるよりはもう少し実行よりのことをしているのが普通でしょう。本当に大事なことは役員以上で決め、どうでもいいことだけ下に任されるのが事業会社というものです。

 ただ、それを認識したうえでの話であれば、コンサルから企業の経営戦略部などには比較的行きやすいというメリットはありますので、ポストコンサルのキャリアとしては悪くないと思います。

事業会社はヒエラルキーが強い

 上でも書きましたが事業会社はコンサルティングファームと比べると非常にヒエラルキーが強いです。役員クラスなどは殿上人という感じです。これはパートナーといえども距離が近いコンサル業界とは大きな違いだと思います。

 大企業では社長や取締役の人達がたまに各地の事業場を訪問することがあるのですが、その時は大変ですよ。まるで天皇陛下が行幸するかのように、管理職以上の人達はその歓待に腐心するわけです。社長のお話があるときは、その後の質疑応答が弾むように質問役のサクラが指名されます。社長が来てどういう業務をしているのか聞かれたときの対応方法なども事前に連絡が来ます。管理職以上はとにかく役員に気に入られようと必死です。まあ全ての企業がここまでは言いませんが、このような例は珍しくはないのです。

事業会社は意思決定が大変

 事業会社は様々な部署があり、権限のレイヤーも何層にもなっていて複雑です。事業会社では何かをしようと思ったら、関係各所に根回しをし、それぞれの思惑を把握しないと事が進みません。

 たまに「コンサルなんかより事業会社の社員の方が自分の業界のことはよく分かっているんだから、コンサルができることなんてない」と思っている方もいますが、これは完全に間違いです。事業会社、とりわけ大企業では自分の部署以外のことなんて知りません。社長や役員だって自分の経験してきた部署の事しか知りません。まして各部署の人達なんて他部署の事は殆ど知らないわけです。

 そんな中では何かを進めるのは非常に難しいのです。ある部署の抜本的改革を行おうと思ったら、社長だってその部署の事を知らないなら難しいでしょう。下手に介入したら、その部署の人達の方が知識はあるので反論されたら勝てるわけがありません。じゃあその部署の人たちが自ら改革するかというと、それもできっこありません。自分でできる改革なんて小手先のものだけです。例えば自部署のリストラを自ら提言するなんてことはありえませんからね。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。