.

2018年01月30日

社内価値より社外価値を高めるべき理由

 ども勉三です。「社内価値」「社外価値」という言葉を聞いたことはありますでしょうか? 社内価値とは、今勤めている会社内でのあなたの評価。これに対して社外価値とは、転職市場でどれだけ価値があるかを指したものです。

 両者は必ずしも同じではありません。むしろ異なっていることが多いでしょう。今回のテーマは、社内価値を高めることよりも、社外価値を高めようというものです。

社内価値を高めてもその会社でしか通用しない

 多くの会社では毎期ごとに評価がつくかと思いますが、これはその会社内でしか通用しません。あなたがいくらA評価をたくさん取ったとしても、そんなことは他所の会社は知ったことではありません。もちろん、そのことを職務経歴書なりに書いてアピールすることはできますし、意味がないとまでは言いません。しかし、職務経歴書なんてどうとでも書けてしまいます。皆がある程度は盛って書くので、それだけでは反応は薄いでしょう。

 もちろんその会社にずっといるのであれば評価は意味があります。昇進にも効いてくるでしょうし。しかし、逆に言えば昇進などで実際にポジションとして対価をゲットしない限り、社内でいくら成績が良くてもボーナスが多少よくなる程度で殆ど意味はないのです。

転職で重視されるのは成績より経歴

 社内の成績なんかよりも転職では遥かに重要なものがあります。それは経歴です。これは社内異動でもいいですし転職でもいいのですが、今までどういう仕事をしてきたかということです。どういう会社にいて、どういう部署を経験して、どういうポジションで、どういう仕事をしてきたか。それが社外価値を決める最大の要素です。

 採用と言うのは最終的には感覚的なところで決まることが多いですが、その俎上に乗るまでは、あなたを採用するに値する客観的な指標が必要です。採用担当者があなたを採る理由を他の社員に説明し、納得させられるだけの客観的な材料が必要になります。

 その時に、最初に効いてくるのは経歴です。「今は開発と経営企画の両方経験している人が欲しい。Aさんは非常に優秀だそうだが開発一本で来ている。Bさんは開発と経営企画の2つの経験がある。Bさんはうちが求めている人材にぴったりだ。Bさんを採りましょう」となるわけです。優秀な人より経歴がマッチした人が採られます。いい悪いは別にしてそれが多くの企業の採用方針なのです。

同じ仕事は5年以上しても意味がない

 同じ仕事は5年以上しても対外的にはあまり意味はありません。例えば人事で5年やるのも、10年やるのも、外からすれば「人事経験者」としか映りません。同じ10年かけるなら、人事と経理とか、人事と企画とか、組み合わせたほうが時間的コスパは良いです。

 あまり短すぎても「その程度の年数やっただけで分かるの?」と思われるのですが、3年以上であれば一通り業務はこなしているとみなされますし、5年もやれば十分にエキスパートとみなされるでしょう。もしそれ以上やるのであれば、あとはその部署の中で業務内容を変えるなり、昇進して管理職につくなりしないと、時間の損になってしまいます。

最後に

 今の時代は1つの会社に定年までずっと勤めるということは益々当たり前ではなくなってきています。今すぐには転職を考えていなくても、将来そうなったときに困らないように、普段から社外価値を意識してキャリアを積まれることをお薦めいたします。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。