.

2018年01月29日

当てはまったら転職の頃合い?転職チェックリスト

 ども勉三です。社会人であれば「今の会社に残るべきか、転職するべきか」というのは、誰しも考えたことがあるのではないでしょうか? 今回は、こうなったら転職を考えてもいいかもねというのを挙げていきたいと思います。沢山当てはまるほど転職のゴーサインが出ていると考えてください。

いくつ当てはまる?転職診断リスト

仕事が面倒くさい、作業になってきている

 仕事が面倒だとか作業になってきているのは、今の仕事から得られるものは大体得たということ。人によっては「成長できない」という言葉を使ったりしますが、ちょっと意識高い系な感じがする表現なので、勉三は「得られるものが無くなった」という表現の方が好きです。

 こうなってしまうと、ただ言われた通り仕事をこなして時間を潰してお金をもらっているだけです。今はそれで良くても、この先もそのままでも良いでしょうか? 時間を切り売りしているだけだと、あなたの価値はどんどん低減していきますよ。その時に転職を考えても遅いかもしれません。

既に上のポジションに行ける実力はあるのに、年功序列で順番待ち

 日系の大手企業だと多いのですが、いくら優秀で仕事ができようとも40代にならないと管理職(いわゆる課長職)に就けません。ですが、管理職ってそんなに大した仕事じゃありません。ベンチャーや外資なら20〜30代で管理職になっている人もいるわけですし。能力があるなら若くても管理職に上げるべきなのですが、日本の大手企業はそれができない。順番待ちしてるより他所でサクっと管理職経験積んだ方が市場価値も高まります。若くて管理職経験があるってだけでその後も良い条件で転職しやすいですしね。

上司がバカで疲れることが多い

 上司がバカな時ほど疲れることはありません。明らかにおかしい指示でも従わないといけませんし、反論するにも色々根拠を揃えたりしてエネルギーを使いますからね。人生の時間の無駄です。上司に限らず周りがみんなバカに見えたら、もっとレベルの高い職場へ移ることを考えるべきでしょう。馬鹿の中にいるとあなたも馬鹿になってしまいます。

思い描いていた未来の自分と違う

 皆さんがまだ子供だった頃、自分はどういう働き方をしているとイメージしていましたか? これは具体的な職業(野球選手だとか医師だとか)に限らず、都心でスーツを着て働いているのか、田舎で農作業をしているのか、はたまた独立して自分の店を営んでいるのか、世界中を飛び回っているのか等のイメージでも構いません。恐らく、自分はこういうことをしたい、こういうことをしているんだろうなというイメージはあったかと思います。そのイメージと今の働き方は同じでしょうか? それとも異なっているでしょうか? もし異なっているのであれば、そしてそれに不満があるのであれば、転職を考えてみてもいいかもしれません。今の生き方が絶対じゃないですよ。生き方ってのは結構簡単に変えられるものなのです。

まとめ

 いかがでしたでしょうか? 特に最後のは結構大事かなと思います。皆さんも今の生活が絶対ではないですし、もし退屈さや不満を感じているのであれば、変えることもできるということは認識しておいて良いかと思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。