.

2017年12月19日

転職講座コンサル編2:コンサルに強い転職エージェントを利用すべし

 お疲れ様です。勉三です。転職講座コンサル編の第二回。通常の転職講座の方でも「直接応募より転職エージェントを使おう」と書きましたが、戦略系コンサルティングファームを狙うのであればなおさら転職エージェントは利用すべきです。それもコンサル業界に強い転職エージェントを利用すべきです。

コンサル業界に強いエージェントを使ったほうがいい理由

 まず、前回も述べた通り、戦略系コンサルの選考では筆記試験やケース面接などがあり、対策せずに臨めば殆どの人は落ちます。コンサル業界に強いエージェントは過去問などの情報をストックしているため、筆記試験ではどういった形式の問題が出るかということを教えてくれます。また、ケース面接などは殆どの人は初めてだと思いますが、これについても参考書籍を教えてくれたり、メールまたは対面での模擬面接も行ってくれたりします。これは非常に大きいです。勉三も、エージェント様の助けなしにはきっと受からなかったと思います。

 コンサル業界に強いエージェントとしては、ムービンストラテジックキャリアアクシスコンサルティングなどが有名だと思います。直接登録してもいいですし、ビズリーチなど転職サイトに登録してそちら経由でコンタクトを取ってもよいと思います。

正式にコンサルティングファームに応募する前に準備を万全に!

 もしあなたがコンサル業界やケース面接のことについて全く知らないか対策していないのであれば、転職エージェントに登録してもすぐに応募するのは避けた方がいいかもしれません。応募すれば早ければ数日で企業側から返信があり、すぐに筆記試験やケース面接へと突入していく可能性もあります。そうなると準備が万全にできずに貴重な持ち駒を無駄に消費してしまうことにもなりかねません。戦略系コンサルティングファームは難関で、会社数もそれほどあるわけではないので持ち駒は大事にすべきです。

 この点、勉三は当初全くの素人で、コンサル業界についても碌に知らず、ケース面接という言葉を聞いたこともない状態で、エージェントを介さずにいきなりファームのウェブサイトから直接応募したりしていました。それでも書類は運よく通過したのですが、いきなり次はケース面接ということになり、なんとか3週間先に設定して、その間にコンサル業界やケース面接の本を買い込んで通勤途中にひたすら読み込むということをしていました。皆様はこのような愚をおかさぬよう、エージェント様のお世話になり、しっかり準備した上で余裕をもって臨んで頂ければと思います。

どういった準備が必要か?

 必要な準備は「コンサル業界研究」「筆記試験対策」「ケース面接対策」の3つに分類できます。次回以降、1つずつ解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。