.

2017年12月14日

仕事中にできる最強の英語上達法

 どもども。勉三です。今日はなんと仕事中にできてしまう究極の英語上達法を紹介します。仕事中ですよ、仕事中。

暇な会議で頭の中で同時通訳しよう

 方法はいたってシンプルです。それは会議で人の話を聞いている時に、頭の中でどんどん同時通訳的に英訳していくというもの。もちろん、自分も積極的に関与しなければならないディスカッションではそんなことをしている余裕はないと思いますが、会議といっても人の発表を聞いているだけとかって結構ありますよね。そんな時は居眠りするのもいいですが、どうせなら勝手に頭の中で同時通訳して英語力をアップさせましょう♪

 勉三がこの方法を思いついたのは、ある講演会に参加した時のこと。ちょうど同時通訳の方の隣の席に座ったのですが、そこで初めて彼女たちのスゴ技を目の当たりにしたわけです。いや、同時通訳の人達ってほんと凄いですよ。まずね、喋ってる日本人のオッサンの言ってることが非論理的かつ曖昧過ぎて、普通に日本語で聞いているだけでもどこからどう訳していいのやら分からないんですよ。それを同時通訳の方達は、文章が終わる前からどんどんリアルタイムで訳していくわけなんです。勉三もTOEICでは900以上でそこそこ英語力には自信はありましたが、もう真横でこれをチラ見していて衝撃を受けたわけです。

 そして自分でもできないか、その日から会議や講演会で暇な時に試してみることにしました。最初はなかなかできないのですが、慣れると割とできるようになってきます。そしてこの方法が英語力アップには非常に効果があることも分かりました。

同時通訳のコツとは?

 コツとしては、完璧さを求めないことです。例えば目の前にネイティブがいて、その人に日本語を同時通訳してあげるような感じをイメージします。文法とか多少おかしくても問題ありませんし、別に完全な文章になっていなくても構いません。要は通じればいいのです。そして、1つ1つの文を長くしすぎず、細かく切っていくことです。例題を挙げてみましょう。みなさんもできるだけ時間をかけずに頭の中で英訳してみてください。

 えー、これは日米欧でそれぞれ製品のシェアの推移を比較したものになります。グラフを見て頂ければお分かりになるかと思うのですが、日本でだけシェアが2000年頃から頭打ちになっています。
これを例えば同時通訳すると、
 This is a graph showing shares in Japan, US, Europe. It tells that share in Japan hit peak in 2000.

こんな感じです。全然こなれていませんが、これぐらいのレベルでできれば十分です。大意が伝われば問題ありません。

 意外とやってみると難しいのではないでしょうか? 何を主語にしてどういう構文にするかや、どういう単語を使えばいいかを瞬時に判断しなければなりません。この訓練を積むと、英語で外国人と会話をする時にもスラスラ英語が出て来るようになります。だってやってることは全く同じなわけですからね。

 たまに、「英語は英語で考えなければならないから、訳す練習なんてダメだ」と言う人もいます。実は勉三も最初はそう思っていました。でも実際やってみるとかなり効果的な勉強法であることがわかりました。もちろん、最終的には英語を英語のままで日本語を一切介在させずに会話できればいいのでしょうけど、そこへ到達するまでに日本語から英語に訳しながら話すことは別に悪いことではないのです。それで慣れてたくさん英語で話せるようになることのほうが大事だと思います。言ってみれば九九の歌みたいなものですね。慣れれば歌わずに計算できるようになりますが、慣れる過程ではどういう覚え方をしたっていいのです。

 この勉強法は仕事中の無駄な時間を有効活用できておすすめです。たどたどしい英語で全然問題ないので、次に退屈な会議に遭遇したら試してみてください。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 19:51 | Comment(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。