.

2017年12月07日

大企業病の症状リスト。これに当てはまったら要注意!

 企業が吸収合併により大きくなることは、規模の経済性により競争優位性につながると長らく考えられてきました。しかし、本当にそうなのでしょうか? もちろん、そういったケースが多かったことは否定はしません。しかし最近は規模が大きくなることにより、逆に意思決定が遅くなったり、各部署が全体最適ではなく部分最適を目指すようになるになるなど、大企業病が進行するような事例が目に付くようになってきました。いわば規模の不経済とも呼ぶべき現象がみられるのです。

 今回は大企業病の症状をいくつか紹介したいと思います。皆様の職場にも心当たりはないでしょうか?

上位のものがやると決めたことは、たとえ間違っていても誰も異論をはさまない

 まずはこれ。別にトップダウン自体はいいのです。問題はバカがトップな場合。そんな時は誰かが手を挙げて異論を言ってあげなければいけません。しかし、大企業病が進行してくると、「上がああ言ってるんだから従うしかないよ」というケースが増えてきます。こうなるとどんどん部下は仕事に対する執着心が無くなってきます。「どうせ頑張っても頑張らなくても給料同じなんだし従っておいたほうがいいや」と皆が思うようになったら黄信号です。

社内の縦割化が顕著で部門間連携が困難

 本来、会社の中の様々な部署というのは、役割は違えど最終的な目標は同じであるべきです。しかしながら、企業が大きくなると各部署が全体最適ではなく部分最適を追及するようになります。つまり、会社全体の経営指標だとか利益率よりも、各部署の目標達成のみを考えるようになるということです。

 ただ、そういった組織でも経営陣がしっかり手綱を握っていれば問題にはなりません。深刻になるのは、各部署が聖域化してしまって、他の部署のやりかたに口を挟める人がいなくなった時です。こうなると各部署が好き勝手に自分のことだけしか考えなくなりますので、企業経営にとっては大ピンチといえるでしょう

根本的な経営改善より外面の良さが重視される

 これが最近は一番の問題かもしれません。働き方改革、女性の活躍推進、コンプライアンスだとか、ひたすら外面を良くすることに熱心で、肝心の売上だとか利益だとかはお留守になっているというパターンです。無論、働き方改革や女性の活躍推進は、方向性としては決して間違っていませんし必要なことでしょう。ですが、企業は利潤追求が存在要件であり、働き方改革や女性の活躍推進をすれば必ず将来の利潤につながるかというとそんなことはありません。どちらが大事かと言われれば利益の方が大事に決まっています。利益が出ないと会社が続かないのですから。

 仮にあなたが自分で起業した小さい企業の経営者だと仮定してください。従業員数は十数名程度です。その会社で、ある社員がずっと産休育休を繰り返して5年間で実質1年間しか働いていないとします。もちろんその間も給料は出し続けている訳です。どう考えても経営を圧迫するでしょう。よほど余裕がないとできやしません。大企業でも程度の差はあれ同じことです。組織が大きいから見えにくくなってはいるものの、外面を良くするためだけの制度を取っていたら会社や他の従業員が苦しくなるのは当然でしょう。

 断っておきますが、勉三は決して働き方改革や女性の活躍推進やコンプライアンスを不要だと否定しているわけではありません。しかし企業経営というのは第一義的には商売です。稼いでナンボです。稼ぐために汗水垂らすことよりも、こういった外面を良くすることを先に考えるようになれば大企業病といえるでしょう。

現状維持が社員の目標になっている

 社員が仕事でも人生でも夢を語らなくなり、現状維持を目標にしだしたら大企業病の兆候です。これは、社員が自分の会社や部署の存続を当たり前に思うようになった結果といえます。たまに「高い目標を掲げろ」と号令があっても、言う方も口だけ。

 しかしビジネスは生き馬の目を抜く世界で、いかに大企業といえど安泰はありません。シャープや東芝がこうなってしまうなど10年前に想像できたでしょうか? 経営が傾きだしたらもはや大企業病の域を超えてしまっています。そうなってからリストラに合い「妻や子供がいるんだぞ、どうしてくれるんだ」と叫ぶのはあまりにも危機感が無さすぎます。

まとめ:大企業病=社員の利害と会社の利害が乖離すること

 以上、大企業病の典型的な症状について紹介させていただきました。これらは結局、社員の利害と会社の利害が乖離している時に起こる現象と言う事ができます。例えば、上司の意見に異論を挟まなくなるのは、会社のことよりも自分の保身が大事だから。縦割化についても、会社のことより自分の部署、ひいては自分の評定が大事だから生じる現象です。

 この解決策として「従業員も経営者視点で考えろ」とバカなことを言う人がいますが、これには勉三は大反対です。経営者の考えるべきことを従業員に押し付けているに過ぎません。そもそも経営者視点をもったらそのまま働く人なんていなくなるでしょう。みんな転職か独立するに決まっています。

 大事なのは、従業員に経営者視点を持たせることではなく、経営者がきちんと会社の手綱を握ってリーダーシップを発揮すること。そして、各部門や各従業員の目標を適切に設定し、会社の利害と社員の利害が一致するように努めることです。そうすれば会社は、大きな車輪が回り始めるかのように活発に動き出すはずです。

 しかし残念ながら、従業員が経営者に向かって「お前がちゃんとやれ」とは言えませんし、雇われで呼ばれる人事コンサルなども経営者の顔を立てて何でも従業員のせいにしがちです。本当に努力すべきは経営者の方なのです。その基本から逃げていてはどんどん経営が苦しくなるだけです。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 22:36 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。