.

2017年11月07日

転職講座3:転職エージェントの正しい使い方

 前回の最後に「転職エージェントはあくまで使うものであって、エージェントに全てお任せするのは良くない」と書きました。これについて、もう少し詳しく説明したいと思います。

 通常、転職活動では何社も同時にエントリーして進めていくわけです。1社受けて落ちてから次に応募なんてやってたら何年もかかりますからね。複数並行は当たり前です。さて、その時に全ての応募を同じ転職エージェントを介して行うべきか否か。答えはもちろんノーです! 転職エージェントによって得意な業界が異なりますし、一部のエージェントだけが持っている独占案件なども多いので、むしろエージェントも同時並行で利用した方がいいです。最初は、「エージェントと面談する時に他のエージェントからも応募していますって言うのは気が引ける」と思うかもしれませんが、全く遠慮は要りません。複数のエージェントにお世話になるのは当たり前です。私なんて10社以上利用していましたから。1つのエージェントあたりの応募数は1〜3社程度。ほとんどの場合は、興味ある求人を見つけたものの、そのエージェントしか扱っていなくてその1社に応募するためだけにお世話になったというパターンです。

 転職活動の流れは別の回でまとめようと思いますが、大まかに言って、自己分析→業界研究→履歴書&職務経歴書の作成→転職サイトへの登録→転職エージェントとの接触(応募依頼またはスカウト)→転職エージェントとの面談(電話面談も可)→正式応募→選考→内定 といった感じになります。この中で、転職エージェントとの面談の際に、他のエージェントを介して既に応募している企業を紹介されることもあると思いますが、その場合ははっきりと「他のエージェントを通して応募済みです」と伝えてください。転職活動で一番避けなければならないのは、同じ企業に複数の経路から重複して応募することです。分かりやすくいうと、A社に対して、エージェントXからも、エージェントYからも応募してしまうということです。こうなるとどちらのエージェントがその人を担当するんだと揉めますし(転職エージェントは採用成立させ企業から報酬をもらうことで成り立っているビジネスなので)、応募先の企業からも「複数のエージェントから応募するなんて自己管理のできてないやつだ」という印象を抱かれてしまうリスクがあります。ちなみに、エージェントでなく直接応募した場合も同様です。直接応募した場合はエージェントを介して重複して応募しないでください。ですので、自分で応募した企業についても、転職エージェントとの面談時に紹介されたら「既に応募済みです」とはっきりと伝えましょう。

 これまで述べたように、転職エージェントというのは、自分が応募したい業界あるいは企業があって、そこへの応募を有利にしサポートしてもらうために利用するものです。あくまで転職活動の主体はあなたであることを忘れないでください。もちろん、転職エージェントに相談したりアドバイスをもらうのは全然構わないのですが、特定のエージェントに自分の転職活動のすべてを任せすぎにならないようにしましょう。その方が精神的にも楽だと思います。例えば、あなたが10社に応募して、それが全て同じエージェント経由だったとしたとしましょう。で、まず1社から内定が出た。でもあまり志望度が高くないので辞退したい。この時、転職エージェントは基本的に内定受諾する方向で勧めてきますよ。彼らも商売ですからね。最初の面談時はいくら「とりあえず受けてみて、途中で気に入らなかったら辞退すればいい」と説明していても、いざ辞退しようとすると説得してくるものなのです。もちろん自分の意思を通して辞退すればいいのですが、そんなのが何社も続いたらどうですか? 同じ人相手に何度も何度も辞退するのは精神的に疲れますよ。エージェントも「この人は転職する気がないんじゃないか」と思い扱いが適当になるかもしれません。あるいはこういうケースも考えられます。10社応募したけど全て落ちてしまった。エージェントには全て筒抜けなのでコンプレックスを感じてしまうかもしれません。こういった場合に、各社別々のエージェントを介して応募していたらどうでしょう? 精神的にかなり楽ですよね。複数のエージェントを利用するのはこういうメリットもあるのです。

 それと、とにかく転職エージェントは当たりはずれが多い。業者レベルでもそうですが、担当者レベルでの差が激しいです。こればっかりは運もありますが、本当に信頼できる人を探すという意味でも色々な業者にお世話になるのがいいと思います。平日昼間に電話してくるなと伝えたのに何度も掛けてくる業者、選考辞退すると伝えているのに企業にそのことを伝えずなんとか受けさせようとする業者。本当に色々ありました。一部ですがそういう転職エージェントも中にはいるので、必要に応じて毅然とした態度をとり、信頼できない行動をとった場合にはきっぱり退会するなどしましょう。くれぐれもエージェントは利用するものだというスタンスをお忘れなく。

 では次回からは転職活動の流れに沿って、順を追ってどう進めていけばよいか見ていきましょう!

タグ:転職講座

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:05 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。